スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

伏見城の政宗下屋敷

2012/06/30 Sat 22:44

電車オタクにも、
乗り鉄、撮り鉄、など色々分野があるように

歴史オタクにもおそらく分野はあるのでしょう。


しいて言えば、図面と地図ヲタです。

こんな本を借りてきました。
図書館はすでにマイ書庫です。

RIMG6115.jpg


「京都時代MAP 安土桃山編」
少女時代ではありません、京都時代です。

かつての街並みと今の街並みが重なる地図で、
これによると、前回紹介した政宗の伏見城の屋敷はもっとでかかったです。

伏見城マップクリックで拡大


えええええええええ??????????

というか、伏見城がちっちゃいです。
いや、お城全体はむろん、政宗屋敷よりは面積はでかいですが
丸の内にたくさんの家臣の屋敷が入っているので、本丸の秀吉のスペース?だけなら他の家臣より狭いです。

ところで、もういっこ、
でかい敷地があります。
下屋敷です。

伏見城伊達政宗下屋敷クリックで拡大


住所もちゃんと、深草西伊達町、深草東伊達町、となってるエリアです。
住所付近を枠で塗っただけなので、正確な敷地ではありませんが
広いです。

どういうことだと思うくらい広いです。


この時期、政宗はほぼ領地に帰ってません。
秀吉が政宗の不満をそらすためのものか、飼いならそうとしていたのか、土地だけ見れば他大名より破格の待遇です。

が、結局のところ、屋敷や家臣の建物って、伊達がお金出して建てていたんですかね・

成実も伏見に屋敷を賜ったらしいので、このでかい敷地のどこかにいたんでしょうか。
政宗の斜め下の下屋敷は誰が住んでいたのか、愛姫でしょうか。

色々謎です。



岩出山に帰らない理由は、政宗も旧領地がなくなったので
馴染みのない土地に帰る気にもならなかったのかも。

しげちゃんの出奔理由とも重なってくる、政宗の伏見時代です。

政宗の伏見時代


スポンサーサイト
伊達の地図
 | ホーム | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。