スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
だて部の時間に収まらず、時間外に第一回目の疑問を質問しました。

まずはこちら。
「支倉常長が持ち帰ったローマ市公民権証書に、鉛筆でアンダーラインが引いてある箇所があり、
果たして政宗の仕業か、のちの学芸員の仕業か」

仙台市博物館の菅野さんにさらっとお尋ねしました。

「政宗とかが引いたものではないね」

学芸員が引いた証拠もありませんが、少なくとも時代が遡るものではありませんという話でした。


そういえば政宗の鉛筆書きの文書は残っていませんね。




甲冑の話も少し質問してみました


政宗の五枚胴は鉄であるが、なぜあえてあの形なのか。

「理由はわからない」「一種の復古調(関東の古い鉄の甲冑があります)かもしれない」
「政宗以前の甲冑が存在しないのも謎」

※菅野氏からの補足
「稙宗のものと伝わる桶川の五枚胴具足が紹介されている雑誌があるが、信ぴょう性は半々」

※部長の補足
輝宗の具足(愚息と変換された!まままさむね・・・)と伝わるものが青根の旅館にあるが、時代が違う都の意見も。
RIMG0001.jpg
「不忘閣」、ここは人生の中で一番いい温泉です。


甲冑を見せることにより、東北の鉄が良質である事をアピールする目的はなかったか?

「あるともないとも言い切れない」
「甲冑ではないが、日光東照宮に寄贈した鉄の灯籠がなぜ石ではなく鉄なのかを考えると、鉄の技術が高いことのアピールという話は少しは考えられるが・・・」


片倉小十郎景綱の甲冑はどこかに残っていないのか。

「ないです」





前回お題に上げた伊達家の経済の話は、部長が意識しながら色々見てはいるものの、
ズバリ「こうです」「これを見てください」
という結果にはいまだ至りません。
話が大きすぎるので菅野さんには質問しませんでしたが、関連する話として会の中で、
他家には多く残っている、大名以外の生活レベルの記録が伊達家には極端に少ないのだそうだ。
北条家は実に色々な文書が残っており、秀吉に攻められてこれから城を明け渡す瞬間まで、記録係が淡々と記録している、ということ。
北条家が好きになると、大名よりも名も無き人々が好きになってくると、参加者さんが熱く語ってました。

以前、伊達領内の材木に関わる文書が発見され、直接政宗や成実と係る内容ではないが、当時の彼らの動行を知る手がかりになると言われた事が今ようやく、そういうことの研究の積み重ねで初めて、背景が見えてくるのだと実感しました。

※補足あり。長いので別に記事書きます。


更に話を遡れば、稙宗の出した「塵芥集」。
ざっくり言えば法律のようなものですが、「塵芥集」が実際に使われたという記録が今のところ一切ないのだという、これまた驚きの発言!

夢日記?
稙宗が「こんな世界があったらいいなあ~」と言って描いた未来日記なのか!

といって、ひとしきり盛り上がっておりました。
生口制度


塵芥集が出来たのが天文5年といわれ、天文の乱が起こったのが11年。

記録がないだけで、使っていなかったわけではないと思いますが、さて。


といいつつも、タイムスクープハンターでやっていた塵芥集の「生口制度」は、伊達家は犯人探しはしないから、自分たちで犯人を探して来い、というお触れだった。
これなら記録に残りようもないのかしら??



※菅野氏からの補足
「ただ、塵芥集の中身そのものは、かなり伊達領の実態を反映している気配が濃厚・・・。
ということで、この塵芥集をどう考えるか、これは学界でも大きな疑問点になっているのです。」

この意見を単純に受け止めると、

困ったことがある、
なんとかせんといかん、
よし、決まり事をつくろう。

という流れなら、当時の困っていたことも書かれているという読み方も出来そう??
「戦国法の読み方」
早く図書館にはいらないかなあ・・・。


拙い質問にも丁寧にお答えくださった菅野さんに改めて感謝しております。

スポンサーサイト
だて部
伊達家に関する勉強会「だて部」
いろんな人の話を聞いて、自分の意見も交わしながら一人では見えてこなかった歴史をみんなで学ぶ「だて部」です。

今回は仙台市博物館・資料編纂室室長 菅野正道さんを交えてのとても贅沢な勉強会となりました。


おおまかな話の内容としては、5月に仙台市で行われた「伊達政宗フォーラム」の、
「政宗を読み直す」を核に、広範囲にわたっていろんな質問や、そこから派生する話であっという間の3時間でした!

前回の話と重複しながら、参加者同士の質問も交えるので色んな所に飛び火しながら、
結果として今一般的に語られる政宗像ではない別の姿や、もっと大きな枠として伊達家・当時の様子を捉える下地がどんどん見えてきました。


内容の詳細はホームページを作成し、掲載する予定です。
片手間に作れることでもないので、なかなか完成できずにいますが・・・。


歴史を学ぶにあたって、古文書ばかりを追っていたのでは今の歴史観から脱却した新しい発見は難しく、もっと逸脱した変なことを考える力、映像や空間として捉える力、あとは「センス」が必要なのだと、の話も。
うぬぬ~~~!!!しみじみ。


部長からは、
政宗が初めて京都に上洛する際に黄金の磔台を持っていたのか否か。ということ。

黄金の磔


本当だとすれば、他家の文書に記述がてんこ盛りになるだろうが、そうではない。
利休が当日政宗を迎えに行っている。
その後、京都では政宗ブームが起こっている。なぜか。派手なパフォーマンスが実際あったから?

といった事から、
つくり話臭いが、もしかしたら本当かもしれないし、という質問に対しての菅野さんの意見は


磔台の件はあまりあてにならない文書の記述。
利休は政宗を迎えに行ったわけではなく、政宗見物に行った。
京都でいろんな人々が政宗に会いたいと思ったのは、奥州からのみごとな貢物(馬、鷹など)は皆が知るところであり、
京都にとっては馴染みが薄い土地(田舎者という下卑な気持ちはない)からの大大名が来るということで敬意を表して歓迎した。

たとえ話として出たのが「イギリスがインドの王様を招いたような」。
「政宗は象にはまたがっていないけどね」。


奥州の馬は当時も江戸時代も超一流ブランドであったという。
「忠家日記」の記事参照



京都の文化は伊達家ではかなり以前(少なくとも室町時代にはすでに)から取り入れていて、決して成り上がり大名ではない。
政宗が能や連歌、漢詩をこなしているのは伊達家の蓄積された風土による。
政宗の歌が突出して素晴らしいというわけではないが、全てをこなせる点に注目すべきで、
とくに漢詩を作れる大名は非常に少なく、その点で言えばマルチな才能を持っている優れた大名であった。


だて部の話のごく一部です。
濃いです。


途中、これまた部長からのお遊びで、
「政宗が台所に立って料理をしている絵を描きなさい」というお題を出して皆に描いてもらいました。


部長はあらかじめ答えを探して、川崎の民家園で台所を見物したり、瑞巌寺の庫裏(仙台城の二の丸と同じ構造だという台所)を思い出そうとしたがまるで思い出せず、映画「武士の献立」を見たりしていたのですが、出題者が見事に間違いました。


間違いを探せ!
奥州にかまどはない
あ、「描く」なのに・・・。



その大きな間違いは、
「奥州の台所にはかまどはなく、囲炉裏で料理を作っていた」ことです。
なんということでしょう!!!
大きな屋敷にかまどはあったにせよ、メインは囲炉裏だということです。

歴史を理解している方の絵は、もうね、ディティールが正確です!
囲炉裏です。

その辺りは次回に・・・。


第3回もやります!
時期、場所に関してはこれからの調整ですが、こうしてブログで書いていることの10倍、100倍面白いその場のノリです。是非参加して「だて部」を体感してみてくださいませ。
歴史を学ぶことは一人では難しいと、改めて「体感」しました。

歴史を学べる講演会は数あれど、直に質問し合いながら会話も楽しみつつ勉強できるのがだて部です。



今回参加者の皆様にはお足を運んでいただき、貴重なお話など聞かせていただき本当にありがとうございます。

また、快く参加していただいた菅野さんにはこの場を借りて、改めて感謝しかありません。
ありがとうございます!

だて部
いやいや、すいません、お待たせしました、
ようやくモロモロ伝達が完了し、無事に告知を乗っけるタイミングが出来ました。



さて、今回は政宗好きなら誰もが1度は訪れたであろう仙台市博物館の、資料編纂室室長でいらっしゃる菅野正道さんがおいでになります。

直に政宗歴史トークが出来る貴重な機会です。
ぜひぜひご参加くださいませ。

参加希望の方は、以下、ご確認頂きまして、お知らせの中にある連絡先にお願い致します。



*****************

「だて部」よりお知らせ

伊達政宗を中心とした伊達家に関して学ぶ部活動、 「だて部」第2回部活 2014年10月4日(土)に開催!

【部活内容】

第2回は仙台市博物館資料編纂室室長・菅野正道さんも参加いたします。

菅野さんより政宗時代の伊達家関連の話を中心に、参加者による質問・情報交換を繰り広げる予定です。
後半40分程度のフリータイムを設けています。
直に質問できるまたとない機会です。ふるってご参加くださいませ。
聴講のみでも歓迎です。

参加人数は30~40名程度を予定しております。
定員に達し次第締め切らさせていただきます。 お早めのお申し込みをお願い致します。

【お申し込み方法】 ↓お申し込みは下記メールアドレスまで。
tea_party@rekijoshikai.girly.jp

◆メールフォーマット(コピー&ペーストしてお使いください)
(件名)だて部~第2回部活~

必須(1)お名前
必須(2)参加人数(  人)
必須(3)パソコンから連絡可能なメールアドレス、ない方は電話番号   
(4)菅野さんへの質問(伊達家関連に限ります)※質問事項を簡潔に願います。  
(5)その他

※時間は限られています。すべての質問にお応えできない場合がございます。
※部活の内容は後々ネットや紙媒体で配信予定です。
※資料用に録画(録音)、お写真なども撮らせていただく場合がございます。NGの方は事前にお声掛けください。

◆会場 東京都 品川歴史館 敷地内の書院
〒140-0014 東京都品川区大井6-11-1
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/jigyo/06/historyhp/annai/annai.html

◆時間 午後1時10分より受付開始1時25分スタート、4時15分参加者全員退場

◆参加費用 お一人様1,500円
当日会場にてお支払いください。
また、筆記用具をご持参ください。 

【注意事項】
駐車場はございません。会場は茶室となっており椅子はございません。
公共の大切な建物です。傷つけないようお願い致します。
ゴミは各自お持ち帰りください。
物販は禁止。お菓子等差し入れはお断りしています。
会場内外での盗難や事故に関しての責任は一切持ちません。


だて部主催
磯部深雪
小鳥沢パン
たかせひとみ


******************



おおまかなトークテーマに沿った進行にはなりますが、
話の途中も参加者さんにも話に加わっていただきます。
かなり砕けた内容になるか、真面目な話に終始するか、
それはもう、その場ののりと、皆様との意見交換次第です。


そしてだて部は考えました!
歴史講座は数あれど、質問タイムがとても少ない。
そこでお知らせにもある通り、
40分程度のフリータイムを設けていますのでトークテーマに上がらなかった事なども、どんどん直に菅野さん初め、他の方とも意見交流してください!

ただ、伊達家関連から外れるテーマや、質問の独り占めはご遠慮くださいませ。
そのあたりは空気を読みつつ、大人な姿勢でお願い致します。


0820_t_6.jpg
大人な態度の部長。

うむ、部長が一番危険です。
現場ではみなさん、部長を制止してください。

だて部
その2

江戸時代初期の筋兜を持参いただいたSさんは、佐竹家の家臣筋の家柄で、秋田に移封された時に置いて行かれ(自主的に残ったかも)、その後となり村が、家康軍によって撫で切りされ全滅した難を逃れて現在まで至るという、実に過去と今がつながっているなあと思わざるをえないエピソードをお持ちの方です。

惜しくも資料は今は残っていないそうです。


お持ちの兜は、ご自身で購入したものです。

六十二間筋兜 江戸時代2



とにかく筋目が綺麗です。
製鉄の技術が優れていた証拠でもあります。

政宗の甲冑は、分厚い1枚の鉄板で出来ていて、手作業だけで広い面積を綺麗に打ち出す技術は相当なものだといいます。
さっと紐解くと、会津に住む「雪の下」という鍛冶集団がいて、彼らが作ったから「雪の下胴」と呼ばれており、
また、政宗が藩士にこの具足を使うべしと命じたことにより、仙台藩特有の形になったので、「仙台胴」とも呼ばれるようになりました。


何度か書きましたが、
政宗は生涯同じパターンの甲冑を使用してます。
文化などは大いに京都から取り寄せて仙台城の大広間などに反映させているけれど、こと具足に関しては、
「京都の真似をするんじゃねえ!」と、家臣たちにも宣言しています。


なぜだ!


東北の鉄の技術を守るためだったのかもしれません。
このくらいチョチョイのチョイ(いや、苦労してると思いますが)で作る腕前を後世に残す目的もあったのでは、と考えたり。※1)

だて部では明確な答え(あるはずもないんですが)はなかったものの、一つ気になることを、Sさんの資料から紹介します。

表面は見たとおり、黒漆(と言ってもこげちゃ)です。
が、甲冑をよくご存じの方は知っていると思いますが、眉庇(帽子のつばみたいなところ)の裏には赤い漆が塗られています。
六十二間筋兜 江戸時代3
写真、ボケてます・・・。

なんでか。
資料によれば、
逆光でもはっきり見えるから朱にしている、と。

逆光?
黒よりも遠くが見やすいのかしら?
実際に実験してみるしかないですね。
裏が黒いものと赤いもので。

また、Sさんの解説によれば眉庇のうらが赤いと、その赤が顔にも反射して、高揚しているように見える効果があるんだとか。青白い顔の武将では、アイツ臆しているぞと、標的になりやすいのだそうです。

ふむ。

いろんな情報がとにかく詰まっている甲冑です。

参加者のお嬢さんたちは部長と違って、浴衣姿で御髪も艶やかです。
かぶってみる?とススメても、興味はあれど、御髪が乱れるので、と、遠慮がちです。可愛いのです。

ふふふ・・・。
女子って本来そういういきものでした。
部長の荒々しい造作など、改めるべきです。

いや、きっとこのままです。


そして、さらに続きます。
伊達家の竹に雀の家紋を調べたい!
【伊達家家紋<竹雀紋>の意匠~古今~】 小鳥沢パン
というお題です。
古今東西、s竹雀の画像をお持ちの方、いずれ出来るであろう「だて部」のHPにて、発表します。
画像をお持ちの方、①撮影地②撮影日③撮影者名④撮影したものの名前(陣羽織など)の情報を添えて、ぜひ、いつでもいいのでまずは部長宛に送ってください。
hatoyasantobu
アットマーク
yahoo.co.jp

まで!

さらには支倉常長が持ち帰ったローマ市公民権証書に、鉛筆でアンダーラインが引いてある箇所があり、
果たして政宗の仕業か、のちの学芸員の仕業か。
という質問です。ご存じの方おりますでしょうか。


もう一つ
【こんな気持ちで逢いに行く~史跡<瑞鳳殿>編】 磯部深雪
なぜ歴史が好きになると旅行に行きたくなるのか。それはそこに実際に生きた人達の息遣いを感じるから。同じ景色を見ることができるから。
仙台藩祖伊達政宗公が実際に眠る「瑞鳳殿」は正に“逢いに行く”という言葉そのままの場所。その最後の場所から順番に辿ります。

場所・季節・時間も合わせてその土地に立ち、同じものを見に行きたい。

というストレートな思いを語り、第一回は終了いたしました。


そうです、磯辺の発言は正に部長も同じ思いで、ブログのタイトルとおり、伊達成実の足後を追って、なのでありますよ!

いずれはみんなで、現地で「だて部」開催もいいですね~。


といったわけで、短い時間ではありましたが、
なかなかバラエティにとんだ面白いテーマでした。

伊達家のことしか語らないけど、そのためには広く視野を持っておかねばなりません。基礎知識がないと、表面に書かれたこと以外のナニも見えてこないということです。当たり前ですね。

深い!
深いぞ!

資料がありすぎて誰も1冊にまとめられない伊達家の色々。
なんだってこんなに資料が残っているのか、その事自体も研究の対象になりうるという。

尿の色までわかってしまう藩主が他におりましょうか。
(自分の健康状態を、医者に手紙で知らせて薬を処方してもらう政宗)
いるのかな。やはり比較は必要です。


語り尽くせぬ政宗とその周り、面白いなあ・・・・・・・・・。


追記
※1)と、思ったんですが当時は普通にたくさん作っていたのでそんなことは考えなくても自然と受け継がれているという至極まっとうな意見をネットから頂戴いたしました。本当だ、今普通に使っているものならば特に後世に残そうとは思わないですね。危機的になればそういう思想が出る。なるほど、全くその通り。目線が、甲冑がなくなった今の目線でした!
まだまだ修行が足りません!

といった、ツッコミもお待ちしております!

だて部
先日、なんとか第一回「だて部」が開催、そして終了いたしました。

なかなか雑多になってしまい、上手くまとまりがつかなかったのは部長の采配具合のせいです。
次回はもう少し、全員に話が回るように改善したいと思います。キリッ!


とはいえ大きな収穫がありました。

まず、部長がお題に出したのが
「伊達家と経済活動」

という、実に偉そうなタイトルです。

「政宗と地域経済」 昔から日本はもとよりアジア含め流通が盛んである。
さらにヨーロッパからも流通が始まった。
全国各地に金持ちの商売人がいっぱいいたはずだ。
そして彼らも戦闘要員でもある。伊達家家臣の鈴木元信など。
政宗、その配下にある商売をしていない支配層の仕事は領地内からの徴税。

疑問 
・伊達家領内の産業って何?(米沢期に限る) ・武将よりも金を持っていた?
・商家のある地域(どこだろう)での市街戦は行われていない?

こんな視点から、
商人>武将という構図はあったのか? 皆の意見を交えてみたい。



こんなお硬い感じですが、絵にするとこうです。
10565998_549390128499284_786149971_n.jpg


これに対する意見として、
伊達領としての税収(収入)と、伊達政宗個人の財布がまず違う。

なんと!違うのか!

そこで出たわかりやすい喩えとして、
「伊達株式会社の社長個人の財産と、会社の財産」がある。メゴ嫁になにか買うのは政宗の財布だろうし、城の普請などは会社のお金。

とはいえ、各地ではこういったお金の配分は微妙に違います。
そっくり、伊達家に当てはまるとは言いがたい。


また、全ての商家が伊達家に税を支払っていたわけではない。
(とはいえ、各地ではこういったお金の配分は微妙に違います。
そっくり、伊達家に当てはまるとは以下略。)

なんと!!

そうなのか、そうなんですか?

商人が自衛として、武士団を結成していたのかという他者からの問いかけにも、
そういえばそういう話はきいたことがないなあ、としか答えられない部長です。


商家を焼かれては政宗自体も困るから、市街地戦はやらなかった、故に基本、戦は人気の少ない場所や山城で戦ったのでは?という問いかけには、
「そうとも限らない。勝ったら自国の領地になるのをわかっていながら、わざと作物を荒らしているのは、
この負け組領主のもとにいたらこういう目に合うんだぞ、守ってくれない領主に意味があるのか、オレについてこい」的な
パフォーマンスも含まれていたという解説。

たしかに、田畑を荒らす行為はよくドラマなどでありますね。


また、当時の米沢の人口などからも、商家や畑作などの様子がわかるんじゃないかというヒントを得て、
そういえば、岩出山から仙台にまるっと町人を移しています。

岩出山から移された町人はもともと米沢から移転してきた人たちもかなり含まれているとすれば、おおよその推測は可能なのでは!
わざわざ連れて行った職業というのが、キーになる。

それこそが政宗が必要としていた職業集団じゃあないですか!
領地運営、経済に重要な集団だっとのでは、と、考えることが出来ます。


と言った具合に、部長のお題に対して明確な答えはありませんが、以外な角度から気がつく「事実」が浮かびました。


これです!
これがしたかったのです!

宿題が出ました。
さて、皆様はどう思いますか?



今回ほとんどを導いてくれたのは、伊達家そのものよりも戦国事情全体に詳しいライターさん、樋口さんによります。
他の武将と比較することで、政宗の面白さが浮き彫りになる、とも。



そして、武具甲冑に詳しいSさんが、なんと江戸初期の62間筋兜を持参しての参加です!
すごいーー!
「かぶっても大丈夫ですよ」、と、ウルトラ親切なSさん。
迷わず、かぶらせていただきました。

六十二間筋兜 江戸時代
部長、嬉しそうですね。

そして重いです!
思いの外重いです!

関東以北でしか作られていなかった筋兜、いや!見事です。
具足関連に関しての発言も出ましたが、長くなるのでまた次回に書きます!


まずは、ご参加いただいた皆様、ありがとうございます!

初心者ゆえ、話に置いてけぼりになってしまった方々へのフォローも考えつつ、
しかし濃い突っ込んだ話もしたいし、それをわかりやすく興味が持ちやすい形で後世に残したい、そのための「だて部」でもあリマス。
色々課題も見える中、次回へと続くのでした。

そんなこんなな、「だて部」、意見、資料をお持ちの方、互いのお知恵拝借し、意見を交わしたく存じます。
今後もよろしくお願い致します。

「だて部」部長 たかせひとみ

「だて部」運営
磯部深雪
小鳥沢パン
たかせひとみ
だて部
 | ホーム | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。