FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
久しぶりにイベントに出店します。

イベント
冬の汐博2012、クリエーターズマーケット
日程
12月8日(土)~11日(火)15時~20時
場所
新橋駅から汐留をつなぐ地下2階通路、カレッタ汐留と日テレの付近

南蛮胴も展示します。
着用できます。
気になっていた方、実物を確認したい方、製作の事お教え出来ますのでお気軽にお越しくださいませ~。

他にも政宗、成実人形も展示販売します。
クリスマスっぽいオブジェもあります。
狭いブースでカオス状態必須ですが、
コンセプトはクリスマスの怪しい骨董品店(骨董品ないけど)なので正しいと言えます。

小物1
これと、
自作南蛮胴
これ。

まあ、うちの普段の状態が凝縮されるだけですが。

部長を眺めに来るのもいいと思います。
遊びにいらしてくださいね!


スポンサーサイト
イベント

手作り赤備え甲冑!

2012/11/29 Thu 18:56

どうも~。
しげ部です。

自作甲冑製作キットの完成写真を送っていただいたので、ご紹介いたしますね~。


今回は赤備えです。


手作り赤備え甲冑

迫力です!
赤い甲冑は強さの自信であり、打てるものなら打ってみろ!
と、敵陣に誇示したのだとか。
また、赤い塗料は高価であり、武勇に優れた選りすぐりのエリート集団に許された具足、っていう事にもなるんでしょうか。
「辰砂」という材料で赤くするらしいのですが、ちょっとググった程度では詳しい手法はわかりません。
硫化水銀というキーワードも出てきます。
水銀は甲冑製作においては欠かせないようで、金メッキを施す際にも水銀を使用することは以前甲冑師の方から伺いました。



さてさて、またしても話がそれました。

吹き返しの龍が真紅に映えてカッコいいです!
皆様、ちょっとずつオリジナルを加えて制作なさるので
部長のほうが勉強になります。

「上手くできるか心配してましたが、解り易い説明書のおかげで、
満足の仕上がりとなりました。」
との感想をいただきました。

楽しんで作ってもらえたのならばこちらも嬉しいです!ありがとうございます。


赤備えで行進すると迫力なんですよね。
伊達好きにとっては、ちょっぴり羨ましい赤い甲冑・・・。


水銀は使用しなくとも作れるしげ部の自作甲冑製作キット
赤い素材も好評です!
赤備えで出陣予定のある方、是非ご利用くださいね!
詳しくはこちらを~。


手作り甲冑、面白いよ。

甲冑
前回の続きです。
こっから先は100%妄想劇です。

では!

政宗ゲテモノ食い対決2

政宗ゲテモノ食い対決3






秀吉の命令で
家康、前田利家、政宗、秀吉
この4人がもてなし対決をしたことがありました。
各陣に対してもてなすお客が4人、彼らをより満足させたものが優勝です。

政宗がもてなす相手は

浅野長政
佐竹義宣
上杉景勝
加藤清正


の超豪華メンバー。

熱々のみそ汁を奮って
大やけどをさせましたとさ・



続く(かもね)

続いた
こちらを!
http://sigechannohe.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
政宗の歴史
黙々と作っていた南蛮胴がようやく皆様のお手元にもお届け出来るようになりました。

しげ部特製
「南蛮胴製作キット」
別名「南蛮君」

南蛮胴の作り方

臑当や面頬は前回作ったものを撮影に使用しました。


南蛮胴2

背中のカーブも工夫をこらして綺麗な仕上がりで制作できます。
変わり草摺は家康の南蛮胴をモチーフに、身近な材料で作る技も説明書に書きました。

南蛮胴1



南蛮胴と南蛮満智羅の作り方
◆販売セット内容
プラスチック材料(失敗した時の余裕付)
南蛮胴と南蛮満智羅の型紙実物大(S~Lサイズ)
作り方説明書
糸威作業の見本
作業がわからない時にはメールなどのサポートもします
南蛮胴作り方説明書1


価格・大人サイズ
つやありカラー素材・・・大人S,Mサイズ 24,000円 
            大人Lサイズ 28,000円

南蛮兜・・・8,000円



応用して仏胴も制作できます。(説明もあります)
満智羅は不要な方のために胴と草摺のセットのみの販売もします。

詳しくは「自作甲冑クラブしげ部」で!



ただいま大人用のみ販売できます。

地域でたくさん作りたい方も割引いたします。
甲冑教室の開催も承ります。

何かとご相談下さい。
小回りがきくのが長所なしげ部です。


問い合わせ

甲冑
大好きな「戦国いい話悪い話」の中でも
軍を抜いて好きなエピソードがあります。


政宗ゲテモノ食い対決です。


江戸に入るとヒマを持て余したかつての猛者たちが
ゲテモノ食い対決を始めます。
当然(?)政宗も参戦します。
酔っ払っていたんじゃあないかと思ってます。

政宗ゲテモノ食い対決
また描きかけて数ヶ月放置していたイラストだよ!
続きは・・・ある。あるのですが。


ま。
結果から言えば、政宗、子ネズミのみそ汁飲んで負けて死にかけます・・・。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-580.html


秀吉に何度も切腹の危機をもたらされ、
奥州時代の戦も生き延びた政宗、
たかだかお遊びのゲテモノ食いで命を落としていたとしたら、これはもう英雄です。
伝説です。

いや、毒殺、暗殺説が流布して
悲劇の奥州王として
浄瑠璃になっていたかもしれません。



ソレにつけても
本当にみんな

ヒマ

だったのかしら。



戦人から戦をぬいたらこうなるのかしら。



いずれにせよ、彼らの行動には歪みがありません。


全力で馬鹿なことをはじめる武将が愛おしいです!!!




このどこまでも突き抜けた話が史実だと願うばかりです。

続きを読む
政宗の歴史

日吉まつり

2012/11/18 Sun 17:43

近所で開催された貴重な武将系祭りにちょこっと行って来ました!

日吉まつり

鹿の角、かっこいいです!
鹿の角が余っていたら是非、譲って下さい(ぺこり)。



場所は夢見ヶ崎動物公園。
夢見ヶ崎は、太田道灌が江戸城を築く前に、ここに城を建てる候補地にしが、「一羽の白い鷲が私の兜を掴んで
南西の地へ持っていってしまった」という夢を見た。で、不吉だといってやめたので名前が「夢見ヶ崎」なのです。

何年か前にレッサーパンダが立ったと騒いでいたのも、ここです。

城には程よい、ポコッとした小山です。
兜をさらわれると、やはり不吉なんでしょうか。
夢とはいえ、兜の緒をきりりっと締めておかなかった道灌がいけないと思いますが。
ともあれ、ここに城が建つことはありませんでしたが、砦くらいはあったのかなあ??


さてさて。

伊勢原の手作り甲冑隊が来ていました。
紙甲冑ですが、かっこいいです!
紙甲冑を初めて間近で見ました。

布を貼るのも綺麗でいいですね~。
行列が華やかでいいです。
なるほど、色々と工夫すべき点もたくさん発見しましたぞ!

日吉まつり2

皆さんホームセンター等で使える金具を探してくるのだそうです。
やっぱりホームセンターの充実が左右するのかもしれない・・・!

和箪笥の金具はいいですよ~!




しげ部では極力出来合いは使わずに甲冑本体の基本の作り方を指導してます。
基本が出来ればあとの装飾はどんどん工夫していってかっこ良さアップしてくださいね!!


動物園にいたホロホロ鳥
ホロホロ鳥

この季節、どうしても美味しそうだと思ってしまう・・・。
全国お祭り情報

南蛮胴を作る

2012/11/15 Thu 13:12

南蛮胴を作ってます。

やっと塗装を終わって草摺の縅し作業です。
紐をひたすら繋いでつないで。

よっしゃ!出来たでぇ~~~~~~!!!

南蛮胴作り方1

南蛮胴作り方2


と思ったんですが、後ろの草摺がどうにも気に入らない。


3間で大丈夫だと思ってたんですが、いざ合体させると
スカスカ・・・。



急遽もう1間作ってます。

机上の計算と、実際の見た目は差がでます。
あくまでも、自分の好みのバランスの話なので、3間が好きな人はこれがいいと思います。
着るとたらりんと下がるので、この広がった写真よりは隙間は気にならないのです。


出来上がったら着用して、不具合、工夫したほうが良い箇所を洗い出して後、作り方の説明書を作ります。
南蛮胴製作キット、もう少々お待ち下さい。
甲冑
 | ホーム | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。