FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
政宗嫌いの政宗の伯母が女城主として守ってきた須賀川城。

※以前描いた輝宗11兄弟物語を参照ください。
http://sigechannohe.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

結果として政宗の手に落ちるのですが、
このたび、須賀川では最強な国と同盟を結びました。



どこか。

佐竹とかではありません。



M78星雲です。
http://m-78.jp/news/n-1792/


5月5日には須賀川にウルトラマンがやって来るようです。



ついでに政宗と戦ってくれないかな。


須賀川とウルトラマン

しげちゃんは大喜びしそうである。
スポンサーサイト
伊達家の歴史

伊達家の遺骨

2013/04/27 Sat 04:14

前回は政宗のお墓の様子を想像してみました。

では他は。


成実の御霊屋の真下1,5mに石室があることは、棒をさした調査でわかっているそうですが、開けたことはありません。
伊達成実墓1

ほぼ確実に、遺骨は眠っているでしょう。どういう向きでどういう形態で埋葬されているのかは不明ですが、おそらく政宗同様棺桶にあぐら状態での埋葬だと思います。石室があるということは、副葬品が一緒に収められているとも言えます。



片倉小十郎景綱は、墓はなく、一本杉が墓の代わりと言われていますが、果たして遺骨はどこにあるのでしょうか。
本当に杉の下にあるんでしょうか。
片倉小十郎墓2
白石傑山寺の一本杉

片倉小十郎墓1
この下に??

石室はこしらえているのでしょうか。
棺桶に入れられて直に土をかぶせたのでしょうか。


それともちゃんとお墓はあったんでしょうか。



伊達輝宗の遺骨はおそらく、山形の夏苅の資福寺跡のお墓だと思います。
伊達輝宗墓10

言い伝えでは、輝宗はなぜか小浜城とも米沢とも遠い福島佐原の寿徳寺で荼毘にふしたといいます。
で、寿徳寺に残っているのがなぜか「首塚」
伊達輝宗首塚10
この下に頭蓋骨があるってことはない、でしょうね・・・。ねえ?政宗さん?


資福寺後のお墓にはどういう形状で埋葬してあるのでしょうか。
骨壷は当時からあったのかしら。
伊達家の当主として、副葬品の太刀や甲冑などは収められたのでしょうか。

輝宗の形見として政宗がずっと大事に持っていたなにかしら、と言う話をそう言えば聞きません。
伊達家代々伝わる家宝というのもないです。
刀とか鎧とか絵とか代々伝えるという風習がなかったのか??
お寺や神社に奉納したので手元には置かないのか。

うん??

よくわかりません。

藩祖以降は残っているけど・・・。



さて、
資福寺はその後、岩出山に移り、そして仙台へ移ります。
現在の資福寺は一休さんがお掃除をしているようです。
仙台市福地
今の仙台の資福寺には輝宗のお墓はありません。

輝宗の位牌は仙台の寿徳寺にあります。
そして輝宗の菩提寺は仙台覚範寺です。
ややこしいです。

覚範寺
覚範寺
いちいち階段で、足がやられます。



さて、伊達実元のお墓です。
ものすごい山の急斜面に立っています。
伊達実元墓2

福島の大森城に程近い陽林寺です。伊達晴宗のお墓もあります。
どういう埋葬なのかはわかりませんが、実元の遺骨は陽林寺に今もあると思われます。

亘理の実元の霊屋は、位牌堂だということです。
伊達実元位牌堂



政宗の遺骨からは頑丈な体になんでも噛み砕けるあごが備わっていたといいます。

松島の政宗館にあった政宗の顔の復元図。
政宗復元図

部長が頭蓋骨からトレースした政宗の図
伊達政宗復元図
ほぼ外人です。阿部寛です。
ルイス・ソテロも馴染み深かった顔だったんじゃないでしょうか。

成実も頑丈な体に強靭なあごであったでしょう。
なにせ、79まで生きたのですから、骨もあごも丈夫でなくては!



代が下ると、咀嚼の力は弱まり、体もどんどん小さくなっていきます。


そして、ついには和式便所で踏ん張りのきかない体になってしまいました。


戦国武将は長生きです。
今、医療が1600年当時と同レベルだとしたら平均寿命は50年くらいではないでしょうか。

不便な暮らしが体を鍛えるならば、もうちょっと不便な世界に戻っていいと思うのです。

墓の話から、こんなトコロにそれてしまいました。
いつものことですが。

伊達家の歴史

空耳温泉

2013/04/23 Tue 02:30

誰もいない温泉でお湯がジョロジョロ流れていると、いろんな空耳が聞こえてきます。

一番多いのは大勢の人のざわめきが聞こえて来るパターンです。



先日またしても政宗のケツ湯(こちら参照)に行ってきたのですが、
夜中、誰もいない時間に温泉に入ると
源泉かけ流しの音が次第に太鼓の音に変わり、カラオケ大会が始まりました。

そのうちカラオケというより、読経にも似たリズムが聞こえ、
さらに人がワイワイ言う音です。
男の人です。


もしかしてこれは空耳ではなく、本当に上で宴会が行われているのか!

と、思うほど多彩な賑やかさです。もちろん、宴会場もカラオケもない宿です。
風呂場の周りに部屋もありません。





「・・・ひょっとして伊達軍が宴会始めたんじゃなかろうか」


太鼓と読経と男の人の楽しそうなざわめき。
ハメを外していそうで、しかし落ち着きのあるざわめき。


本当に彼らが殿と宴会をしていたならばこんな感じかもしれないと思うような音です。



浴室を出ると、何も聞こえません。





家の水道の音も、電話の音に聞こえたり、
とにかく建物の中で水の流れる音はいろんな空耳を運んでくる奇妙な体質です。
高校生くらいからそうです。

普段はないんで、耳鳴りとも違うようです。



音だけは録音機材がない限り、時代考証も無理です。
戦国時代の伊達家の宴会が聞けて、実にお得でありました。



未分類

政宗のお墓の中

2013/04/19 Fri 19:35

「伊達政宗の墓とその遺品」という本を仙台の図書館で読んでみました。

発掘調査の色々が書いてあります。



が、読んでいた時間は20分くらいなので、詳細は不明ながら何ページかコピーさせてもらった資料から、ざっと想像したお墓の様子です。


駕籠の中の風呂桶のような棺桶に束帯姿の政宗様がいます。
衣装箱と鎧櫃、中には具足一式と冠、
この他にどこに置いてあったのかよくわからないけど、
博物館で展示されている太刀、鉛筆、蒔絵箱、煙管やブローチなんかが石室の中にあったのです。

政宗の石室の内部

政宗の棺桶
※政宗の棺桶サイズに165センチの部長が実際あぐらをかくと、程よい大きさであるとしげ部的に証明されました。
そして今更気がつく、「棺桶」と言う名前。
桶、です。
今の葬儀の寝ている棺を無意識に連想していたけれど、当時は「桶」です。


それました。


政宗は瑞鳳殿正面とは反対を向いて埋葬されています。
つまり、参拝者には背を向けているのです。

棺に入れる時に間違えたんじゃないかという話もあるらしいですが、
宗教的な云々が解説されていました。部長にはまるでわからないので、省きます。



では政宗は何を見ているかといえば、


海です。

政宗御霊屋1
これが瑞鳳殿の位置。

政宗のお墓
墓室の位置。


北を上にするとこうです。
政宗の埋葬1


瑞鳳殿はAにあります。
瑞鳳殿と海

若林城を見ているとも言えます。
が、多分海を見ているんだと思います。





発掘調査を終えて、政宗の遺骨は再び埋葬されました。
が、また海を見ているのか、向きを直したのかはわかりません。書いてあったのかもしれないですが時間不足でまったく読めませんでした。

でもおそらく同じ場所に収めたんだと思うので
政宗様のところにご挨拶に伺っても、彼は背を向けて海を見つめているようです。

瑞鳳殿A


このことを知ったのは瑞鳳殿を訪れた後。

撮った写真を見ると、ふられたような寂しい気分です。
政宗の歴史

伊達政宗騎馬像いろいろ

2013/04/19 Fri 14:11

3ヶ月前に行った青根温泉。

また行きました。

行きましたとも。


相変わらずの政宗のケツ湯は素晴らしいです。


さて。前回こんないいものがあると気が付かなかったマヌケな部長は、今回こそはゲットして参りました。

仙台城にある政宗の騎馬像の原型となったちっちゃい政宗です。
政宗騎馬像3

政宗騎馬像2


ちっちゃいんです。


でもかっこいい!!!
馬具には伊達の家紋がしっかりと彫られています。

政宗騎馬像10







そしてこれが仙台市博物館の裏手にある上半身。

政宗騎馬像9


戦時中に鉄や銅の具材として壊されたもともとの騎馬像で残されていたもの。
塩釜に捨ててあったらしいです・・・。


の、背中。
政宗騎馬像5


男の背中はカッコイイ。

あ!腕に傷が!
戦いの跡ですね!

政宗騎馬像6


そして現在の仙台城にそびえる政宗騎馬像
昭和37年に復元されました。

政宗騎馬像8


桜がワンサカ植わっているのかと思ったんですが、
案外なかった仙台城です。

とりあえず撮影用に1本、って感じです。

政宗騎馬像7

秋に行ったらこれ、紅葉になっていたりして。






そんな政宗騎馬像3種類でした。




さらに、
宮城県岩沼市の竹駒神社にある馬事博物館にはもうひとつ、騎馬像の原型があります。
こちらは年に数回しか公開されていないので、要チェック!




日記
とにかく写真見てわかるように寒くて・・・。
前日白石が真夏日。ソフトクリームもあっという間に溶けました。
で、この日仙台が12度。
やめてくれ~~~!
でも雨はふらなかったよ!
降るよって天気予報で散々言われたけど、「よし、降らない」と、部長は決め打ちして傘も持たずに出かけました。



そして今日の神奈川も13~4度。寒いよ~~~。

旅行記

きらり神明社

2013/04/19 Fri 01:49

神明社1

白石城の横にある神明社です。

政宗と片倉小十郎景綱が神として祀られている神社です。
いきなり真夏日の白石市、桜も散りかけ、
太陽が力強く
ギラギラ光っておりました。

おみくじは「商売繁盛」

おおおおおおおおおおおおおおお


ありがとう、小十郎!
爽やかに微笑む小十郎!
裸足ワラジの小十郎!
去年の4月にできたてホヤホヤ小十郎!
片倉小十郎銅像



そろそろ成実の銅像も作ってくれてもいいんですよ??
旅行記
いつもしげ部をご愛読いただきありがとうございます。


さて、甲冑キットの販売ですが、
ゴールデンウイーク中は仕入先のメーカーが休むため
しげ部は稼働してもお届けまで2週間程度かかります。

しげ部は会社ではなく、個人営業です。
アパートにたくさんは在庫しておけないので
申し訳ないのですが、ゴールデンウイーク中に甲冑を制作されたい方は今週末までにご注文をお願い致します。


自作甲冑クラブしげ部
http://shigebu.minibird.jp/


お知らせ
 | ホーム | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。