スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

若林城見学ですと!?

2013/10/28 Mon 02:39

イベントやニュースの類はフェイスブックでつぶやいてますが、
これは・・・!!!

なんと若林城の発掘現場が見学できるというじゃあないですかあああ!!!
「11月2日午前10~11時と午後1時半~2時半、市民向けの見学会を開く」
若林城跡で堀跡と薬園建物跡発見 歴史裏付ける史料 市教委



若林城は、政宗の遺言により築城から8年後に解体された。周囲に高さ5メートルの土塁と幅20メートルの外堀を設けており、戦を意識した造りとの説もある。絵図は残っていないとのこと。


今は宮城刑務所なので、当たり前ですがなかに入ることは出来ません。
若林城あと


若林城。
そうです、お城です。
一国一城のはずですが、仙台藩には仙台城、白石城、そして若林城の3つがあることになります。

仙台に限らず特に東北はひとつの藩に、実質いくつも城を構えていたようです。




さて。
若林城はいかなる建物だったのか。
ここにくわしい。
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/bunkazai/wakabayashi/index.html


晩年の住処ではあるが、藩主の「城」という性質上、
家臣も近所に住まいを新築した。

成実も屋敷を新築した。

まあ、その新居はケチが付いて自分で燃やしてしまうのだが。


その後、再び若林に家を建てたかは定かで無い。
でも、若林周辺には新たな家臣の屋敷町があったはずだけど、誰がどこに居たとかは不明のまま。


幻の若林城。
屋敷だけど、「城」。戦うことを忘れない政宗。

戦に弱かった政宗。
戦略で勝った政宗。

微妙な時代と、京都から遠く離れた場所でに生まれたがゆえ、生き残った政宗。

と、
同時期、伊達家の当主にもなりえる微妙なポジションに生まれたが、乱世に内乱を起こすわけでもなく政宗とともにあった成実。


この二人が晩年何を思っていたのか、調査で少しでもわかるといいな。

伊達成実の晩年
スポンサーサイト
政宗の歴史
部長、甲冑教室の講師をやります!

2014年第43回信玄公祭り参加付き甲冑教室


場所は山梨県甲府市
期間は11月から3月予定


なんと今回の特典がすごいです!
完成した甲冑を着て、2014年4月開催の第43回信玄公祭りに出陣できちゃうのです!!
世界最大の武者行列に参加できるんです!


なんかすごいです!!



たくさんの参加者お待ちしております~~~!!!

◆お問合せ先◆
公益社団法人やまなし観光推進機構
電話番号 055-235-2722
やまなし観光ネット
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/topics/2013_kacchu-kyoushitsu.html
イベント

変身!

2013/10/22 Tue 00:44

甲冑製作中2


どや!


こないだまで半袖でしたが、すっかり薄手のセーターです。

蒲生氏郷オリジナル甲冑、具材が出来ました。

今回は大げさなる錦絵風甲冑です。



これから世紀末アニメ風肩当ても作りますよ~。
ふぉあたたたたたたたあああああ!!!
甲冑

籠手の制作

2013/10/19 Sat 02:03

籠手を作ってます。

筒型はできている。
あとは購入したパーツを取り付けたら完成~!


と、思っていたんですが。


やはりそうは問屋がおろさなかったです。
実際品切れで問屋さんがなかなかおろしてくれませんでした。

ようやく入荷したパーツ。
籠手の作り方4


これが。
このままでは使えないことが発覚!ってかちょっと考えれば分かる話ですが。
なにがどうして、と言うのは企業秘密です。


結局、使えるようにカスタマイズするのに1日費やしましたよ・・・。
籠手の作り方2

で、半日かけてやっと片腕が。


ふ~~~!


完成までの道のりは地味ですよ。
それはそれは。


3日前の状態。
出来上がったパーツを並べるとこんな感じです。

甲冑製作中


完成までの道のりは地味で、そして毎回思わぬ落とし穴もありつつの連続です。
3歩進んで1歩下がるのです。

それでも完成はするのですよ。
それはそれは、完成するんです。



今からニヤニヤします。
甲冑

土方歳三温泉

2013/10/15 Tue 23:53

先月行ってきた会津で1泊した東山温泉は、土方歳三も入ったという温泉です。


政宗のケツ湯
につづいて、今度は土方の湯です!



まずは土方さんの看板。

東山温泉1

看板によれば、土方さんが入ったお湯は3つのうち、どれかだという。
「きつね湯」
「灘の湯」

そして部長が泊まった「猿の湯」

東山温泉4

壁には土方さんと誠の文字が・・・。
笑うところなのか、カッコイイと感動するところなのか。


これが政宗だったら確実に笑いますが。
まさむね



東川温泉街。
東山温泉3
うん。寂れてます。昭和40年代ころまではどこの温泉街もキャバレーとかで賑わっていたんでしょうね。


土方さんに戻ります。


療養に来たというのに
なんでも川沿いの露天から川に飛び込んだんんだとか。
アホスね。
そんな土方さんが好きです。

しかし実際、川沿いの露天から川を見ると、そこそこの濁流。
溺れるよ??



露天は他のお客さんがいたので写真は撮れず。

内湯を友達にとってもらいました。
東山温泉5

え~湯だ。


前回の政宗温泉での空耳は、伊達軍の20代~50代男性の宴会でしたが、
ここは新撰組ではなく、体育会系の高校生男子がワーワー騒いでいる空耳でした。

高音だけど、男子の声。



以前住んでいた家のお風呂は女子高生の声。


変な空耳ですが、音響が響くお風呂でひとり、もしくは誰も喋っていない状況だと色んな音に聞こえるのです。


そんなおかしな部長ですが、
完成に向けて毎日縫い縫いしております。
甲冑袴制作


は~。
おんせんいきた~い!
旅行記

草摺の穴

2013/10/11 Fri 18:01

さてさて。

甲冑の下半身に付いているスカートのような部分を「草摺」といいます。

板に穴を開けて紐で通していくのですが、
今回のオーダーのデザインは、毛引縅(けびきおどし)と呼ばれる、
紐がみっちり埋まったタイプです。
388px-O-yoroi.jpg
ウィキペディアより

紐がみっちり、ということはすなわち、大量に穴を開ける必要がある、ということです。


ずっとパンチで手作業で穴を開けて制作していましたが今回はさすがに体力的にも時間的にも無理がある。
そこで卓上ボール盤「あなあけくん」ボール盤
を購入したのですが、

うむ!


いい!


15分しか戦えないが、4~5枚重ねて一気に穴があくので
思っていたよりもさくさく作業ができます!


この穴の数、これは手で開けていたらそれだけで1ヶ月くらいかかっちゃいます。
草摺の穴

ただし、間違えると4~5枚一気にムダにする恐ろしさもありました・・・。


ち~ん!




さてさてさて!

しげ部の甲冑キットは、このような大量の穴は必要ありません。
手作業で十分製作可能な範囲です。
上の写真の1割くらいでOKですので、ご安心ください。
なにせ、身近な道具で作るのが目的です。

作業場もアパートで作れるようにしています。
なにせ、部長がアパートで作っていますので。


そんなこんなで、これから糸縅です。
紐を通すことを、甲冑制作では、「糸縅いとおどし」というのです。


言葉はわかんなくっても制作はできる、
ゆえに、形式にこだわらずフリーダムにカッコイイものを目指しているしげ部の甲冑制作です。

甲冑製作キットの販売はこちらよ~。
http://shigebu.minibird.jp/
甲冑

武田の地へ!

2013/10/10 Thu 22:58

うおやかたさばあああ!


おやかたさま


に、会いに行ってまいりました。

かいじに乗って家から2時間ちょっと。
かいじ
kaiji2.jpgこれはカイジ



そうです。甲斐路、
甲斐の国です。

武田神社1

風林火山と武田菱で街中が埋まっている甲府です。

今回もお仕事ですよ!

今回は地元を愛する会社の社長さんに案内していただきました!
ありがとうございます!


まずは信玄公が暮らしていた躑躅ヶ崎館、今は武田神社へお参りです。
武田神社2

ちっちゃい信玄公がいらっしゃいました。


館の様子。

武田神社3


ありますね、信玄の雪隠。
8畳間の広々トイレです。
図にあるところがそうだったのかは不明ですが、
信玄のトイレは広いことで有名です。

戦国時代のトイレはだいたい広かったといいます。
敵が槍で壁を突いても届かないように、という説があります。


また、信玄はトイレを「山」と言っていたとかいないとか。
草木(臭き)ところゆえ、という、とんちんかんちん一休さんです。
かわいいです、信玄公!



武田信玄像1

武田信玄像2
甲府駅前の信玄公です。
そうとうでっかいです。


社長にしたい武将ナンバー・ワンの武田信玄。
愛され武将の武田信玄。


来年の信玄まつりに貢献すべく、しげ部も一役買う予定です。
詳細はまた!!!
旅行記
 | ホーム | Next »

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。