FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

京都で格式を見た!

2014/10/01 Wed 00:32

伊達家を追っていると、東北中心の、今は何も残っていない(せいぜい立て棒)陣跡めぐりなどがメインとなるわけですが、それは仕方のないことです。

なにせ、ウワモノが残っていない。
ほんのり土塁がある程度です。

福島城土塁
福島城の土塁

それでも書物やドラマ、博物館の展示品などで全体を想像してみるのですがなかなか難しいです。

そして京都へ行ってきました。
空襲も避けた京都です。
かなりな数の建築物が残っています。

政宗時代とかぶる建物、まずは二条城へ行きました。
二の丸御殿へとお邪魔します。
二条城2

二条城1


でかい!
とにかくでかい!
写真じゃあこの大きさが全く伝わらないですが、屋根が高いのです。
平屋のくせにとんでもない高さです。


さらに中に入ると、いきなりタイムスリップです!!!
広々廊下をうねうねと曲がり、左手には100畳くらいの部屋が。
今は保存のため、襖絵は外されているかレプリカですが、やたらと豪華です。

そして将軍様などの上段の間。
権威をわかりやすくあらわす構造。

撮影禁止なのでパンフレットの写真を・・・。
二条城3

詳細は書物などでご確認あれ。



おそらく政宗の築いた仙台城の大広間もイメージとしては近いと思われます。
写真で見るのと、実物の空間にいるのとでは、雲泥の差です。

悔しいかな、こんなきらびやかな空間に最上級の着物をお召の上様がいれば、ひれ伏さざるを得ません。
理屈じゃあ無いのです。

そして、西本願寺の書院にも行ってきました。
17世紀の姿のままです。
豪華な襖絵や天井、そしてここにも上段の間。

坊さん世界の階級もまた、格式の違いをみせつける仕組みです。


天井を見上げすぎて首が痛くなりました。

そして聚楽第から移築したと言われている飛雲閣。
こちらも撮影禁止なのでパンフの写真を・・・。

飛雲閣

これがまた粋な建物で、秀吉ったら、キラキラだけのセンスじゃあないのね、と、憎らしくなります。
が、秀吉とは無関係かもしれません。
今のところ、聚楽第の建築物と言われているに過ぎません。

非公開部分ですが、実は誰でも見物できるので、ぜひ、申し込んでください!
見学の1日前までに西本願寺に電話して、「書院や飛雲閣を見学したい」と言えば大丈夫です。定員制なので土日は早めの予約を!


かつての平泉がどのくらいきらびやかだったのか、想像ができませんが、
政宗の米沢時代の建物はどうだったんでしょう。
それなりに格式のある作りであったとは思いますが、
あのド派手な京都を見てしまっては、田舎のイメージしかありません。

その辺りの対比が「独眼竜政宗」ではよく描かれています。
米沢城は全体が黒っぽい木で、襖も木。欄間も透かし彫りなどありませんし、床の間も巻物は飾ってあれど、金箔などは貼っていません。着ているものも麻の地味な素襖です。
そして不意に出てくる秀吉のキンキンキラキラな衣装と金箔張りの襖の部屋。
地方の大名と天下人の暮らしぶりの、ものすごいコントラストです。

そして実際に着用してみた三位以上の身分が着るという束帯。
政宗の肖像画にもある束帯。
部長も真似てみた束帯姿。
政宗公束帯姿


無駄としか言いようのない大量の布を使用しています。
全ては格式です。

着心地とか、そういうことではないようです。



伊達ファンとして現地巡りをする際には、年代順に追っていくことをおすすめします。
米沢、福島、相馬辺りをぐるぐるとくまなくめぐり、会津若松へ。
そして京都、大阪、江戸、最後に仙台です。

福島宮城の城跡などをさんざん見た後に大阪城へ行ったらあまりの巨大さに腰を抜かしました。
政宗の気持ちがよくわかります。


ローマへ渡った支倉常長は、更にコシを抜かしたことでしょう・・・・・。


ローマ
20年くらい前のぶちょー in Roma。
あんまし考えてないからたいして感動もしていないという・・・・。

旅行記

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。