FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

肖像画の謎

2014/10/12 Sun 18:20

武将の肖像画には、色々不思議なことがありますが、
スッキリしたことがあったのです。


まずは烏帽子の謎。

Azai_Nagamasa3.jpg
浅井長政 wikipediaより

Ukita_yoshiie.jpg
宇喜多 能家 wikipediaより




なんだかやけに後ろの方に、ちょこんと乗っかってるだけの烏帽子姿の絵を見ます。


アレはどういうことなのか、
いくら髷があるとはいえ、落ちるだろう。
しかもあご紐もありません。
絵の描き方が独特なだけなんだろうと、勝手に思い込んでいましたが、

違いました。

こういうことでした。
装束の謎
ついでに、束帯姿の肖像画の裾がぴーんと立っているのも、
肖像画の様式美かとおもいきや、
実際、できたてホヤホヤの束帯の裾はノリで丸めてあるため、固いのだそうです。

351px-Date_Masamune02_20141012171842bde.jpg
ご存知伊達政宗 wikipediaより

後に引きずるベロベロはさすがに絵としての表現だとは思うけれど、実際何か入れて波打っていたのかもしれない・・・!??



さらに、これ。

Honda_Tadakatu.jpg
本多忠勝の肖像画です。wikipediaより

この絵に描かれている兜と、今現在残っている兜は若干の違いがあり、
絵のほうが、適当に描いちゃっているんだろう、
ということで、現存する甲冑を本物としていたのですが、
そうではなく、肖像画が正しくて、今あるものは江戸初期に作られた当時の写しだという。

背中から出ているフサフサはなんだろう。
兜に毛が生えていたんだろうか。
甲冑に毛が生えていたんだろうか。
それとも忠勝本人の毛だろうか。外人のようです。

本多忠勝

と思ったけど、やはり、兜に生えていた「唐のかしら」のようです。
「唐のかしら」は家康が趣味で集めていたヤクの尾毛を飾りに使った兜を指す。wikipediaより 

一般的なイメージだと武田信玄の兜に白いフサフサが付いているアレです。
アレも信玄のものではないですが、すっかり定着しちゃいましたね。。。


今見られる忠勝の甲冑には毛は生えていませんが、
正しく複製するならば、毛も付けておくべきでしょう。ふさふさと。

「唐のかしら」



そしてこれは漫画「へうげもの」ですが、
へうげもの大久保長安


てっきりテキトーに描いたのかとおもいきやきや・・・!



大久保長安1
ありました。

資料集めの膨大なことこの上ない・・・!





江戸時代に入って描かれた多くの武将たちの肖像画は歌舞伎や浮世絵風に空想的な表現も多いですが、
当時に描かれたものというのは、とても正確だということです。

甲冑

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。