スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

愛姫ブランド

2014/10/13 Mon 03:07

装束のことを調べていると、こんな記述がありました。
平安時代の貴族が着てる装束は妻の負担だった、っと。


ほほう。


これが時代が下り、江戸に入ってどうなったのかは、書いていなかったのですが。



愛姫は徳川建献上する着物も縫っていましたが、
政宗の着物も縫っていたと思います。

愛姫のセンスは独特だったと、何かの(覚えておこうよ、部長)本で読みました。

江戸時代の着物には文字が刺繍で入っているものが多く残っています。



ひょっとして、政宗の着物には「まさむね」と書いてあったんじゃあないかと思ったり。
それで、皆から「政宗」と、名前で呼ばれていたんじゃあないかと思ったり。

愛姫と政宗



五郎八姫の名前も意外と愛姫の命名かもしれないですね。
「女など産んではおらぬ」と、言い切るくらいには気丈な嫁だったと勝手に想像しています。
オスカルのように育てなかったのは、フィクション好きには残念至極。
しかしこの場合はお江を守るってことになるのかしら??
「江戸のバラ」

革命は起きず、徳川アンタイの世が続いちゃいますが。

そして買っちゃいました、
40年ぶりの最新刊。
ベルサイユのばら11巻
思ったよりも当時の絵柄に合わせていたのが幸いでした。

以上、どうでもいい記事でした。
政宗の歴史

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。