FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

伊達メモ

2014/10/16 Thu 02:29

図書館で郷土出版社の福島県の歴史シリーズから拾い読みしてきました。


メモ
大森惣社八幡宮は天文21年、伊達成実が信夫郡51郷の惣社とした

ええ!??
実元・・・ですよねえ??


メモ
天正14年二本松城を落とした政宗は家臣の所替えをした。
何かと気遣いのある成実を大森からだし、こころやすい片倉景綱を大森に入れたことで、これ以降の政宗の出撃には大森城が拠点とされた。

う、うん。
成実が大森城を去ってからの政宗の大森城の使用頻度は格段に上がっています。

やっぱり成実は左遷されたのか!??
二本松での成実の仕事は、逃げ出した農夫達をかき集める所から始まり、
二本松城には成実が焼けた残骸を捨てたゴミ穴があるという。
一般的には二本松は恩賞というが、どうも違和感があるのです。


メモ
伊達実元の墓の本来の墓標は松の木であったと伝えられる。厚く苔むした切り株が実元がここに眠ると伝える。

うおお!木がお墓説、立証でいいんじゃないかな!


メモ
須賀川城を攻め戦いが終わった3日後、政宗は見せしめとして16歳で初陣した天仙丸(須田広秀)を磔にし、鉄砲で撃ち殺した。そののち、この場所は用水路となり、稚児ヶ池と呼ばれ更に筑後池と名前が変わって今に至る。

やはり戦争はいけません。



色々あるけど、まずはこんなところで!
図説だから文字情報が簡潔で読みやすい。
東京都立図書館にあったよ!
図書館っていいよねえ・・・。
伊達家の歴史

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。