FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ちょっとあることでのテスト投稿

戦国時代にいた、粕谷源次郎という男の話をします。

彼は酒田三十六人衆という、豪商の頭であった。

当時は商人といえども同時に武士であり、そして同時に氏神を祀る神社の神主でもあったという。さらにある程度の自治権もあったようだ。堺も商人が武士団を組んでいた。


さてさて、粕谷源次郎は機転のきく人物で、まだ酒田が上杉領の時にある諍いが起こったり、しかし彼の機転により事態は収集した。

その事の顛末を石田三成に訴えて、秀吉の知るところとなり、ついには諍いで損失した米を上杉の重臣・直江兼続に弁償させたという。
さらには秀吉からその手腕を買われその後は海上警備を仰せつかったという!

なんとも痛快ではないですか!

歴史上での文献には名も知られていない人物が秀吉を動かし、兼続に弁償をさせた。

ぐぐってみると最上川の水路を整備した人物としてわずかに紹介されているだけですが、
酒田市の資料館の所蔵の地方史に上記の話が載っていました。

粕谷源次郎

地元の図書にしか出てこない面白いエピソードはたくさんあるんだろうなあ・・・・。


歴史

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。